COLUMNコラム

ニット用ハンガー・かわいいハンガーをご提供!型崩れの原因・ニット用ハンガーの選び方とは?

寒い冬はもちろん、春や秋の気温が低めな日にも大活躍のニット。何かと着用機会の多いニットですが、ハンガーに干す際は型崩れしないように注意が必要です。こちらでは、ニットが型崩れする原因や防止法、かわいいニット用ハンガーの選び方について解説します。

ニットが型崩れする原因とは?

黒と白のニットトップスなぜニットの型崩れが起こるのでしょうか。原因として、以下のような理由が考えられます。

服の重みに負けて伸びる

ニットが型崩れする大きな原因は、ニットそのものの重みによって毛糸が伸びてしまうことです。特に洗濯の直後は水分を吸っているため、通常より重みが増しています。水分を含んだ状態でハンガーにかけることにより、全体的に下に引っ張られてニットが伸びてしまうのです。洗濯後は平干しにするか、ハンガーにかけるのであれば十分に水分を切った状態で使うことが大切です。

ハンガーの形状が合わず負荷がかかる

太めのプラスチックや細い針金など、ハンガーには様々な種類があります。細い針金のハンガーは硬い上に、ニットをかける面積が小さいです。そのため、ニットの肩部分に負荷がかかりやすく、重みで跡がつきやすくなります。ニットの型崩れを防ぐためにも、太くてあまり硬すぎないニット用のハンガーを選びましょう。

ニット用ハンガーの選び方とは?

ニット用まろやかハンガーニットの型崩れを防ぐには、使用するハンガーが重要になります。ニットに適したハンガーを選びましょう。

太くて厚みのある素材を選ぶ

針金ハンガーのような細い素材は、生地があたる箇所に強い負荷がかかります。肩部分に跡がついてしまい、型崩れが起こるため、太くて厚みのあるハンガーがおすすめです。ハンガーのあたる肩部分に負担がかかりにくい形状を選ぶことがポイントです。

肩幅の調整ができる

ニットとハンガーのサイズが合わないことも、型崩れにつながる要因です。肩幅を調整できるハンガーを使用すれば、ニットのサイズに合わせて調整できます。

ハンガーの跡がつきにくい形状

ハンガーの肩部分は曲線、こちらが急だと肩部分に跡がつきやすいです。曲線が緩やかなものほど跡がつきません。ニットの形に合った緩やかな曲線のハンガーがおすすめです。

チャナカンパニーでは、ニットの型崩れを防ぐニット用ハンガーを取り扱っております。「肩をいためないまろやかハンガー」は、肩部分の負担が少ない太めで丸みのあるデザイン、かわいい要素を兼ね備えたハンガーです。まろやかな形状によって、肩につく「肩ボコ」から大切なニットを守ることができます。

かわいいデザインのニット用ハンガーで型崩れを防ぐ!

数ある衣類の中でも、ニットは特に干し方やハンガー選びに注意が必要です。大切なニットを守るためにも、ポイントを押さえたニット用ハンガーを活用しましょう。ニット用のかわいいハンガーをお探しなら、チャナカンパニーまでお問い合わせください。独自の樹脂ハンガー成型技術により実現した、機能性やデザイン性に優れたオリジナルハンガーを豊富にご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

ハンガーに関するお役立ち情報

ニットを「肩ボコ」から守るならチャナカンパニーのニット用のハンガーを!

ニット用のハンガーをお探しなら、チャナカンパニーまでお問い合わせください。オリジナル性やデザイン性に優れたハンガー製品を豊富にご用意しております。伸びない・滑らないという特徴があり、商品の型崩れを防げます。ニット用のハンガーはほぼ半円のデザインで「肩ボコ」の悩みを解消しつつ、吊るして収納・陳列できます。他にも、木のような見た目・触感の樹脂製ハンガー「バルミーハンガー」、かわいいキッズ用ハンガーなどをご案内しておりますので、ぜひご活用ください。

ニット用のハンガー(肩をいためないまろやかハンガー)をお求めならチャナカンパニー

会社名
株式会社 チャナカンパニー
Chana Company Co., Ltd.
代表取締役社長
田島尚也
設立
2005年(平成17年)1月5日
本社事務所・営業ショールーム住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目3−1 TH1 1F ショールーム / 5F 事務所
本社事務所・営業ショールームTEL
03-5775-4720
本社事務所・営業ショールームFAX
03-5775-4725
Balmy Cafe&Bar住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目3−1 TH1 1F ショールーム内
Balmy Cafe&BarTEL
03-5413-6737
URL
https://chana-company.com/
© 2021 Chana Company co., ltd.