コラム記事

2022/09/05 コラム記事

【ハンガーコラム】ニット用ハンガー・かわいいハンガーをご提供!型崩れの原因・ニット用ハンガーの選び方とは?

ニット用のハンガーをお探しなら、チャナカンパニーの取扱商品をご覧ください。ニット用のかわいいハンガーなどを種類豊富にご用意しております。こちらでは、ニットが型崩れする原因やニット用ハンガーの選び方を解説いたします。

 

寒い冬はもちろん、春や秋の気温が低めな日にも大活躍のニット。何かと着用機会の多いニットですが、ハンガーに干す際は型崩れしないように注意が必要です。こちらでは、ニットが型崩れする原因や防止法、かわいいニット用ハンガーの選び方について解説します。

〇ニットが型崩れする原因とは?

なぜニットの型崩れが起こるのでしょうか。原因として、以下のような理由が考えられます。

◇服の重みに負けて伸びる

ニットが型崩れする大きな原因は、ニットそのものの重みによって毛糸が伸びてしまうことです。特に洗濯の直後は水分を吸っているため、通常より重みが増しています。水分を含んだ状態でハンガーにかけることにより、全体的に下に引っ張られてニットが伸びてしまうのです。洗濯後は平干しにするか、ハンガーにかけるのであれば十分に水分を切った状態で使うことが大切です。

 

◇ハンガーの形状が合わず負荷がかかる

太めのプラスチックや細い針金など、ハンガーには様々な種類があります。細い針金のハンガーは硬い上に、ニットをかける面積が小さいです。そのため、ニットの肩部分に負荷がかかりやすく、重みで跡がつきやすくなります。ニットの型崩れを防ぐためにも、太くてあまり硬すぎないニット用のハンガーを選びましょう。

 

〇ニット用ハンガーの選び方とは?

ニットの型崩れを防ぐには、使用するハンガーが重要になります。ニットに適したハンガーを選びましょう。

 

◇太くて厚みのある素材を選ぶ

針金ハンガーのような細い素材は、生地があたる箇所に強い負荷がかかります。肩部分に跡がついてしまい、型崩れが起こるため、太くて厚みのあるハンガーがおすすめです。ハンガーのあたる肩部分に負担がかかりにくい形状を選ぶことがポイントです。

 

◇肩幅の調整ができる

ニットとハンガーのサイズが合わないことも、型崩れにつながる要因です。肩幅を調整できるハンガーを使用すれば、ニットのサイズに合わせて調整できます。

 

◇ハンガーの跡がつきにくい形状

ハンガーの肩部分は曲線、こちらが急だと肩部分に跡がつきやすいです。曲線が緩やかなものほど跡がつきません。ニットの形に合った緩やかな曲線のハンガーがおすすめです。

 

〇大切なニットを守るためのおすすめ商品

チャナカンパニーでは、ニットの型崩れを防ぐニット用ハンガーを取り扱っております。「肩をいためないまろやかハンガー」は、肩部分の負担が少ない太めで丸みのあるデザイン、かわいい要素を兼ね備えたハンガーです。まろやかな形状によって、肩につく「肩ボコ」から大切なニットを守ることができます。

 

商品購入はこちら

https://chana-company-shop.com/collections/for-knit

お問い合わせ お問い合わせ

CONTACTお問い合わせ

商品に関するご質問はお電話またはお問い合わせフォームからお願いします。
些細なことでもかまいませんので、お気軽にお問い合せください。

03-5775-4720

お問い合わせフォーム

よくあるご質問

お問い合わせはこちらから
ONLINE SHOP