コラム記事

2022/09/05 コラム記事

【ハンガーコラム】跡がつかない工夫!跡がつきにくいボトムス用ハンガーをご提供!スカート・ズボンをハンガーに掛けるメリット・種類

洋服に跡がつかないよう工夫する際、跡をつけないようにする為のボトムス用ハンガーなら、チャナカンパニーの商品をご覧ください。各種ボトムスに使用できる跡がつきにくいハンガーを販売しております。こちらでは、スカートやズボンをハンガーに掛けるメリット、ボトムス用ハンガーの種類をご紹介いたします。 

ズボンやスカートといったボトムス類をハンガーに掛ける際、跡がつかないかと気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ボトムスをハンガーに掛けることは多くのメリットがあります。こちらでは、ボトムスをハンガーに掛けるメリットやボトムス用ハンガーの種類について解説します。

 

◆ズボン・スカートをハンガーに掛けるメリットとは?

ズボンやスカートといったボトムスを畳んで収納するのではなく、ハンガーに掛けて収納すると以下のようなメリットがあります。

◇ボトムスがシワになりにくい

畳んで保管すると、どうしても畳んだときの跡が残ってしまいます。また、長時間着用したボトムスや洗濯直後のボトムスはシワがついています。ハンガーを使うと重みで自然と下に伸ばされ、跡がつかないのです。一日着用したボトムスや洗濯後のボトムスであっても、ハンガーを使えばキレイになります。 

◇かさばらずスリムに収納できる

スカートやズボンを畳んで収納する場合、それなりのサイズがあるタンスやクローゼットが必要となります。また、裾の長さや生地の厚みによってはかさばるため、スペースが必要です。ハンガーであれば、狭いスペースでも収納することができます。空いた隙間を有効活用でき、かさばらないのでストレスがたまりません。

 

◆ボトムス用ハンガーの種類とは?ハンガーの跡がつかないものを選ぼう

スカートやズボンなどのボトムスを掛けるハンガーには種類があります。

◇クリップで留めるタイプ

クリップでボトムスを留めるタイプのハンガーです。トップスとは違い肩部分に掛けることができないため、クリップで留めて吊るす形となります。ボトムスを折り畳むことなく収納できるため、折った跡がつかないです。ただし、素材によってはクリップの跡が残る可能性もあるため、ボトムスとクリップの素材の相性をチェックする必要があります。

◇バーにひっかけるタイプ

ハンガーについたバーにひっかけるタイプです。ボトムスを半分に折り、バーにひっかけて保管します。使いやすく快適なハンガーですが折る必要があるため、型崩れしにくく跡がつきにくい素材のボトムスに適しています。

 

◆ボトムス用ハンガーを購入するならチャナカンパニーへ! 

ボトムスをハンガーに掛けて収納すると、畳んで収納したときと比べて跡がつかないだけでなく、スペースも少なくて済みます。適したハンガーを使えば、ボトムスを快適に収納できるのでおすすめです。チャナカンパニーでは、跡がつかない工夫を施したハンガーや滑りにくい素材のハンガー、スリムで収納しやすいハンガーなど、様々なハンガーを取り扱っております。デザインの幅も広いため、機能性と見た目の両立も可能です。

 

おすすめ商品はこちら

https://chana-company-shop.com/products/grip-clip-hanger-for-bottoms

お問い合わせ お問い合わせ

CONTACTお問い合わせ

商品に関するご質問はお電話またはお問い合わせフォームからお願いします。
些細なことでもかまいませんので、お気軽にお問い合せください。

03-5775-4720

お問い合わせフォーム

よくあるご質問

お問い合わせはこちらから
ONLINE SHOP