コラム記事

2022/09/17 コラム記事

【ハンガーコラム】撮影用ハンガーを小ロットから購入可能!アパレル商品撮影のコツとは?

撮影用ハンガーをお探しなら、チャナカンパニーまでお問い合わせください。少ロットから撮影用ハンガーの購入を受け付けております。こちらでは、撮影用ハンガーを利用したアパレル商品撮影のコツを解説いたします。

近年は試着をせずに、通販サイトに掲載されたアパレル写真や情報を見て商品を購入する方が増えています。そのため、アパレル商品の撮影は重要です。こちらでは、アパレル商品の撮影のコツを解説します。アパレル商品の撮影用ハンガーを小ロットで購入するなら、チャナカンパニーをご利用ください。

◆アパレル商品を魅力的に撮影するコツとは?撮影用ハンガーの活用を!

アパレル商品を魅力的に撮影するためのコツはいくつかあります。

◇リアルな着用感のあるシワ・膨らみを作る

アパレル商品の写真で最も大切なのはリアリティを伝えることです。試着ができない以上、写真が大きな判断材料となります。そのため、実際に着用したときのイメージがしやすい写真を撮る必要があります。平置きの場合、立体感を出すようにします。肩周りのボリュームや袖の膨らみ、着用時にできるシワなどを再現することが大切です。ただし、やりすぎるとかえってリアリティがなくなるので注意しましょう。

平置きの撮影で不自然になる場合は、撮影用ハンガーを使った吊り撮影がおすすめです。撮影用ハンガーに吊るすことで自然な状態に近付き、着用時にできる縦のシワや立体感が出やすくなります。膨らみが足りない箇所は布や紙などを使って補修します。

◇ライトの位置に気をつける

アパレル商品のよい写真を撮るためには、ライトの位置も重要です。ライトの当たり方一つで印象が大きく変わることも少なくありません。ライトの位置はアパレル商品の斜め上がおすすめです。より自然な状態を作り上げることができます。ライトの対角線上に影ができますが、無理に消そうとする必要はありません。影があるほうが、光が当たらないときに衣類がどう見えるのかが伝わるため、よりリアリティが増します。白いレフ板を使うと、アパレル商品がよりキレイに写ります。

 

  

ハンガーを写真のアクセントで使用する場合を除いて、基本的に写り込んだハンガーは加工で消す必要があります。なるべく加工にかかる手間を軽減したいときは、撮影用ハンガーを使うのがおすすめです。チャナカンパニーは撮影用ハンガーとして、アパレル商品の写真撮影に適した「インビジブルハンガー」をご用意しております。写真に写るのは透明なテグス部分のみで、通常のハンガーに比べて修正作業も簡単です。

◆撮影用ハンガーの小ロットで注文するならチャナカンパニーへ!

アパレル商品の写真は通販サイトにおいて非常に重要です。撮影用ハンガーや撮影のポイントを押さえて、アパレル商品の魅力を伝えましょう。チャナカンパニーでは、トップス用・ボトムス用の撮影用ハンガーをご提供しております。V字状の部品がメインパーツで、その両端についたパーツに肩部分を当てることで衣類を吊ります。また、撮影用ハンガーの他にもマネキンや店舗用什器など、アパレル業界で役立つ様々なアイテムを取り扱っております。小ロットの商品発注も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

インビジブルハンガーはこちら(https://chana-company-shop.com/collections/for-shootingl

 

お問い合わせ お問い合わせ

CONTACTお問い合わせ

商品に関するご質問はお電話またはお問い合わせフォームからお願いします。
些細なことでもかまいませんので、お気軽にお問い合せください。

03-5775-4720

お問い合わせフォーム

よくあるご質問

お問い合わせはこちらから
ONLINE SHOP