コラム記事

2022/09/15 コラム記事

【ハンガーコラム】撮影用ハンガーをご提供!吊り撮影に便利な見えない「インビジブルハンガー」とは?

撮影用ハンガーを使うことで、商品の魅力が伝わりやすくなります。さらにチャナカンパニー独自の見えないハンガーである「インビジブルハンガー」を使えば、吊り撮影を簡単に進めることが可能です。こちらでは、撮影用ハンガーを使うメリットや「インビジブルハンガー」について解説いたします。

撮影用ハンガー「インビジブルハンガー」

衣類を撮影する方法として定番なのがハンガーを使った吊り撮影です。その際、ハンガーが見えないように、「インビジブルハンガー」を使うことがおすすめです。「インビジブルハンガー」を使えば、衣類のみを写真に収めることが可能です。こちらでは、吊り撮影に使う撮影用ハンガーについて解説します。

 

◆撮影用ハンガーで吊り撮影するメリットは?商品イメージをより正確に伝えられる!

撮影用ハンガーで服を吊り撮影をすることには、以下のようなメリットがあります。

◇着ている状態に近い写真が撮れる

平置きで撮影をすると厚みに欠けてしまい、実際の着用時と印象が異なることも多いです。撮影用ハンガーを用いた吊り撮影なら、生地の質感や雰囲気が伝わりやすく、着ている状態に近い写真を撮影できます。衣類のイメージをより正確に伝えたいのであれば吊り撮影が効果的です。

◇写真を見た人がイメージをしやすい

商品説明に使用する写真は、なるべく正確なイメージを伝えたいところです。実際に着用した姿を想像できれば購入につながりやすく、失敗も起こりにくくなります。撮影用ハンガーによる吊り撮影は立体感や奥行きを表現できるため、写真を見た人が具体的にイメージしやすくなります。商品説明や宣伝目的の写真は、吊り撮影でよりリアルに撮影するのがおすすめです。

◇理想の写真撮影がしやすい

撮影用ハンガーを使った吊り撮影は、理想的な写真が撮りやすいです。その理由として、シワの調整が容易に行える、ライトの当て方が工夫できるといった点が挙げられます。平置きと比べて手を加えやすいため、理想的な写真に近付けられます。

 

◆見えない撮影用ハンガー「インビジブルハンガー」とは?

見えない撮影用ハンガー「インビジブルハンガー」とは?

吊り撮影をするにあたって懸念となるのがハンガーです。多くの場合、撮影後に加工してハンガーを消します。しかし、加工は手間と時間がかかりますので、なるべく減らしたい工程といえます。そこで、活躍するのが「インビジブルハンガー」です。

 

「インビジブルハンガー」は、吊り撮影のために使用する撮影用ハンガーで、通常のハンガーとは形状が異なります。金属製のパーツをV字状に組み合わせ、透明のテグスで吊るすという構造です。V字の両端部分に肩を支えるパーツが付いており、そこにひっかけます。通常のハンガーとは違い、吊るす部分がほとんど見えないのに、しっかりとハンガーとしての機能を果たします。

 

商品の撮影用ハンガーとしてアパレルショップから注目を集めています。近年、アパレル業界はECでの販売にも力を入れています。衣類の撮影が多くなり、加工の手間が少なくて済む撮影用ハンガーの需要が高まっている状態です。チャナカンパニーでは、アパレルショップECサイト、フォトスタジオ、個人のお客様向けに撮影用ハンガーをご提供しております。トップス用・ボトムス用の「インビジブルハンガー」を活用して、商品の魅力が伝わる写真を撮影しましょう。

 

◆吊り撮影に使用する撮影用ハンガーならチャナカンパニーへ!

衣類のイメージを正確に伝えるためには吊り撮影が効果的です。写真からどれだけイメージが伝わるかが購入の決め手となります。通常のハンガーを使うと写真加工が大変ですので、撮影用ハンガーを使うと便利です。衣類を撮影するのであれば、撮影用ハンガーをご検討ください。チャナカンパニーでは撮影用ハンガーの「インビジブルハンガー」をはじめ、マネキンなどの店舗ディスプレイ商品も取り扱っております。商品に関してご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

インビジブルハンガーはこちら

インビジブルハンガーはこちら(https://chana-company-shop.com/collections/for-shootingl

 

 

お問い合わせ お問い合わせ

CONTACTお問い合わせ

商品に関するご質問はお電話またはお問い合わせフォームからお願いします。
些細なことでもかまいませんので、お気軽にお問い合せください。

03-5775-4720

お問い合わせフォーム

よくあるご質問

お問い合わせはこちらから
ONLINE SHOP