ディスプレイ什器のエコ化でSDGsに貢献!エコに配慮した什器の作り方とは

SDGs達成に貢献!エコなディスプレイ什器がもたらす影響とその作り方を解説

企業の環境対策やSDGsへの取り組みの一環として、エコに配慮したディスプレイ什器の利用が求められています。こちらでは、エコなディスプレイ什器がもたらす影響と、エコに配慮したディスプレイ什器の作り方について解説します。

ディスプレイ什器のエコ化がもたらす影響

SDGsと記した紙と植物

近年、企業の環境対策やSDGsへの取り組みは、社会からの要望が高まる中で重要な経営課題と位置付けられています。その一部として、エコに配慮したディスプレイ什器の利用が求められるようになってきました。

ディスプレイ什器は、店頭や展示会などで商品を陳列するための什器です。このディスプレイ什器を、環境負荷の低い素材や製法を用いて作り、使用後にはリサイクルや再資源化することが求められています。

この取り組みを通じて、企業は環境負荷の低減を目指すと同時に、CSR活動としての企業イメージ向上やSDGs達成への貢献も実現できます。ディスプレイ什器のエコ化がもたらす影響を見ていきましょう。

環境への影響:環境負荷の軽減

エコなディスプレイ什器は、環境への負荷を軽減する重要な役割を果たします。その一例として、リサイクル可能な素材や再生可能な素材を使用したディスプレイ什器があります。これらの素材は、資源の節約と廃棄時の環境負荷を減らす助けとなります。

具体的には、素材の一部にバイオマス原材料が含まれる塩ビ製品や、再生プラスチックを使用したパネル、完全紙製のパネルなどが挙げられます。これらのディスプレイ什器は、石油由来原料の節約とCO2排出量削減に貢献します。また、廃棄時も可燃ごみとして処理可能なものもあるため、環境負荷を大幅に軽減することが可能です。

企業への影響:企業イメージ向上やSDGsへの貢献度向上

エコに配慮したディスプレイ什器の導入は、企業のイメージ向上に直結します。SDGsへの取り組みが消費者に浸透する中、環境に配慮した什器を利用することで、お客様や取引先からの信頼を得やすくなります。これは企業評価の向上にもつながります。

また、エコなディスプレイ什器はSDGs達成への企業の取り組みとしても有効です。具体的な取り組みとして、リサイクル可能な素材を用いた製品作り、エネルギー消費を抑える製造方法、使用後のリサイクルや廃棄方法への配慮が挙げられます。

このように、環境配慮型のディスプレイ什器を導入することは、企業が持続可能な社会づくりに貢献する具体的な行動となるため、企業イメージの向上やSDGsへの貢献度向上に役立ちます。

エコに配慮したディスプレイ什器の作り方

素材選び:リサイクル可能な素材や再生可能な素材の使用

エコに配慮したディスプレイ什器を作る最初のステップは、リサイクル可能な素材や再生可能な素材の選択です。これは、使用後の環境負荷を低減し、リソースの消費を抑えることに重要な役割を果たします。

例えば、展示会用のディスプレイパネルにリサイクル可能な素材である段ボールやハニカムボードを用いることで、SDGsへの貢献度も向上します。

製造過程:エネルギー消費を抑える製造方法

エコなディスプレイ什器の製造過程では、エネルギー消費を抑えることが重要です。まず、什器製作に必要なエネルギー源を見直すことは必須となります。再生可能エネルギーの導入や省エネ型の機械を使用することで、製造過程の二酸化炭素排出量を削減できます。

また、製品の設計を工夫することも有効です。簡易化した構造や組み立てやすい形状にすることで、製造時のエネルギー消費を抑えられます。

ライフサイクル:使用後のリサイクルや廃棄方法への配慮

ディスプレイ什器のライフサイクルにおいても、エコに配慮することは重要です。これはSDGsの目標12「つくる責任、つかう責任」に直結し、資源の有効活用や廃棄物の削減に寄与します。

具体的な配慮点としては、以下の2つが主に挙げられます。

・リサイクル

使用後のディスプレイ什器はリサイクルされるべきです。素材がリサイクル可能なものであること、また分解・分別しやすい構造であることが求められます。

・廃棄

リサイクルが難しい場合でも、環境負荷の低い廃棄方法を選ぶことが重要です。例えば、焼却時の有害物質の発生を抑える、分解しやすい素材を使用するなどです。

ディスプレイ什器のライフサイクル全体を通じてエコに配慮することで、企業のSDGs貢献度の向上につながります。

エコに配慮したディスプレイ什器を選ぶならチャナカンパニーへ

様々な種類のハンガーを展示する様子

エコに配慮したディスプレイ什器は、環境負荷の軽減はもちろん、企業イメージの向上にもつながります。素材選びから製造過程、ライフサイクルに至るまで、一貫して環境への配慮が重要です。

素材選びでは、リサイクル可能な素材や再生可能な素材を使用することが求められます。具体的には、紙製や木製などの自然素材やリサイクル素材を用いたディスプレイ什器を活用することで、SDGsへの貢献度が高まります。また、製造過程ではエネルギー消費を抑える方法を選択し、ライフサイクルでは使用後のリサイクルや廃棄方法にも配慮することが重要です。

今後は、さらにエコに配慮したディスプレイ什器の開発と普及が進むことで、より持続可能な社会づくりに貢献していくことが期待されます。

チャナカンパニーは企業の社会的責任(CSR)を重視し、持続可能な資源を活用した製品の開発に注力しております。その取り組みとして、使用済みの木製ハンガーを再利用して新しいハンガーに生まれ変わらせる活動などを実施中です。

ハンガーやその他製品に対するご質問やご不明点がある場合は、お気軽にご連絡ください。

【SDGs】エコに配慮したディスプレイ什器を選ぶならチャナカンパニーへご相談ください

会社名 株式会社 チャナ カンパニー Chana Company Co., Ltd
代表者 代表取締役社長 田島尚也
設立 2005年(平成17年)1月5日
資本金 1,000万円
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目3−1 TH1 5F
TEL 03-5775-4720
FAX 03-5775-4725
取引銀行 三井住友銀行 麻布支店
りそな銀行 赤坂支店
商工組合中央金庫 上野支店
事業内容 店舗備品・什器の企画・製造・販売
ノベルティの企画・製造・販売
リユース・リサイクルシステムの開発・運用
小売向け商品の企画・製造・販売
飲食店運営
決算期 12月
URL https://chana-company.com/
お問い合わせ お問い合わせ

CONTACTお問い合わせ

商品に関するご質問はお電話またはお問い合わせフォームからお願いします。
些細なことでもかまいませんので、お気軽にお問い合せください。

03-5775-4720

お問い合わせフォーム

よくあるご質問

お問い合わせはこちらから
ONLINE SHOP